安心安全な引っ越しのために知っておきたい、引っ越し業者を見極めるポイント

コラム

赤帽引っ越しコラム 引っ越し業者を見極めるポイント

 

 

 

新年度の引っ越しを控えているものの、引っ越し業者がたくさんあると、どこにお願いしたら良いのか迷ってしまいますよね。

 

業者の大半がきちんと作業を行ってくれますが、中には、引っ越し業で必要な届け出をしていなかったり、必要以上の金額を請求してくる悪質な業者もいます。後々不快な思いをしないためにも、依頼する前に、良い業者かどうか判断しておきたいところです。

 

今回は、引っ越し業者を見極めるポイントを3つ、ご紹介します。

 

■引っ越し業者のナンバープレートの色をよく見る

 

 

引っ越し業を行う場合は、地方運輸支局に「運送業」の届け出をし、国土交通省の認可を得なければなりません。事業用として運送業の許可をもらった場合は黒ナンバー、または緑ナンバーを付けています。つまり、業者の車のナンバープレートがこの2色以外である場合は注意が必要です。

 

また、国土交通省の認可がないと、業者は貨物保険に加入することができません。貨物保険とは、業者のミスによって荷物が破損したり、紛失した場合に、一定額の賠償をしてくれるもの。貨物保険に入っていない業者に依頼してしまうと、万が一荷物が破損しても何の保証も受けられないので気をつけましょう。

 

 

■担当者の対応の仕方もポイント

 

 

電話口での応対の態度も、業者を見極めるポイントになります。

 

例えば、引っ越しの相談で電話をしたものの、担当者に雑然とした対応をされたとしましょう。すると、「自分の荷物も、雑に扱われるのでは……」とサービスに不安を抱きますよね。その直感は、あながち間違ってはいません!

 

応対が良くない業者は、社員教育が充分ではない可能性があるため、大事な荷物を雑に運ばれてしまうこともあり得ます。サービスがしっかりしている業者であれば、応対もきちんとしているはずです。また、『見積もりに来た業者の態度が悪い』、『服装がだらしない』といったことも、業者を見極めるポイントとして挙げられます。

 

手付金や予約金を請求する業者も要注意! 現在、手付金や予約金など、事前にお金を請求する行為は、業者と利用者のトラブルを防ぐために定められたルール『標準引越運送約款』で禁止されています。

 

 

■領収書の内訳と、見積もり時の値引き額もしっかり確認する

 

 

引っ越しが済んで領収書をもらったら、料金の内訳がきちんと書かれているか確認してください。例えば、内訳に『引越し作業一式』と書かれていたら、オプションやサービスなど、一体何にいくら費用がかかっているのかわかりませんよね。

 

悪質な業者だと、このように大まかな内訳しか書かず、本来よりも多い金額を請求します。

そのため、後になって「作業にオプションが追加されていた」、「見積もり時よりも多い人員が配置されていた」といったことが判明する被害ケースもあるそう。支払い時に気になる点があったら、業者にきちんと説明をお願いしましょう。

 

また、引っ越し前の見積もりの際の値引きも、注目すべきポイントです。引っ越し業者の値引き自体はよくありますが、金額が相場よりもあまりにも大きく下回る場合は、安く雇える臨時のアルバイトを雇っている可能性があります。

 

引っ越し作業の経験が少ない人だったり、作業が雑であるケースが多いそうです。引っ越し費用は安ければ安いだけありがたいですが、あまりにも安すぎる場合は注意してください!

 

■いいともでは引っ越し事業は安心安全

 

 

安心できる引っ越し業者に依頼をして、気持ち良く新生活を迎えたいですね。

 

いいともでは引っ越し事業も行っています。貨物軽自動車運送事業者による組織「赤帽」で20年間培ったスキルで、お客様の引っ越しをしっかりサポートします。

 

見積もりなどのご相談も受け付けておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

ライター/小野陽子

いいともサービス

素人の方が簡単にはできない、とっても危険なスズメバチの巣の駆除。そんな正義の味方的な仕事、そして、引っ越し業で学んだ経験をいかして、人の役に立ちたいと思う気持ち、をやってみたい、という気持ちから、平成18年スタートした暮らしの総合サポート業! それが、便利屋引っ越し便いいともです。