新生活のために買ったおしゃれ家具をきれいに組み立てるポイントとは?

コラム

赤帽引っ越しコラム おしゃれ家具をきれいに組み立てるポイントとは?

 

家具組み立て代行 東京

 

 

新しい家具は、新しい生活を明るくしてくれるアイテムの1つ。おしゃれな家具を配置した新しい住まいをイメージして、胸を躍らせている方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、できあがっている家具なら配置するだけで良いですが、組み立て式のものは1から形にする必要があります。そのため、きれいに仕上がらないと、せっかくのおしゃれ家具が微妙に……なんてことに。

 

今回は、組み立て式の家具を上手に仕上げる手順についてご紹介します!

 

 

■1:家具を組み立てるスペースを用意しよう

 

部屋が散らかっている人は、組み立ての前に部屋の片付けから始めましょう。部屋に物が散乱している状態だと、スペースが狭くて作業がしづらいうえ、ネジなど細かい部品をなくしてしまう可能性も高くなります。組み立てを効率的に進めるためにも、部屋をきれいにして、作業スペースを確保してください。

 

なお、カーペットやジョイントマットを敷いて作業をすれば、床に傷が付くのを防ぐことができますよ!

 

■2:組み立て前に部品・工具類などをチェック!

 

充分な作業スペースを用意したら開梱し、説明書を読みましょう。この際、説明書にある箱の内容一覧を見ながら、パーツの個数・種類が揃っているかもチェック! もしパーツが足りなかったら、購入した店舗に問い合わせて、対応をお願いしましょう。

 

次に、組み立てに必要な工具が手元にあるか確認してください。簡易的な工具がキットの中に入っていることもありますが、使い慣れたものが使いやすいという方は、自分の工具で組み立てても大丈夫です。

 

木材に大きな傷や汚れがないかどうかも、見ておくといいでしょう。見た目を損なうような大きな傷や汚れは、場合によっては返品対象になることがあります。

 

 

■3:家具をきれいに組み立てるポイントとは?

 

パーツと道具の確認が済んだら、いざ組み立て開始です。

 

家具をきれいに組み立てるポイントは、ネジを仮止め程度に締めながら組み立てていき、最後にしっかり締め切ること。ネジを最初から1本ずつ締め切っていくと、ネジ穴の位置がずれていってしまい、最終的にネジがネジ穴に合わなくなることがあるからです。

 

繋げたい部分のネジを仮止め程度に締めたら、その後、1つずつ締め切っていきます。ネジが上手く入らない場合は、ネジ穴が良くない可能性があります。無理にネジを締めると、ネジ穴やネジ山を潰すことになりかねないので、ネジ穴に潤滑剤を吹き付けて滑らかにするなどしてください。

 

それでも上手く入らないという場合は、購入した店舗に相談してみましょう。

 

 

■4:組み立てが苦手な方は「家具組み立ての代行サービス」の利用を

 

「おしゃれな家具を買ったけれど、組み立てるのは苦手……」という方は、家具組み立ての代行サービスを利用してみてはいかがでしょう。

 

特に大型の家具は組み立てが難しく、設置場所に運ぶのも一苦労。慣れない作業でケガをする恐れもあります。しかし、経験豊富なプロに依頼すれば、きれいな仕上がりの家具が短時間でできるほか、設置も安心です。

 

代行サービスの依頼をする場合は、事前に作業場所を確保しておき、組み立てのパーツがすべて揃っているか確認しておくことを忘れずに!

 

便利屋いいともでは、家具組み立ての代行サービス

 

お気に入りの家具がきれいに仕上がれば、気持ちよく新生活のスタートが切れそうですね!

 

家具組み立ての代行サービスは、組み立てが苦手な人だけでなく、忙しくて組み立てる時間がないという方にもおすすめです。

 

便利屋いいともでは、家具組み立ての代行サービスも行っているので、ぜひお気軽にご相談くださいね!

 

 

いいともサービス

素人の方が簡単にはできない、とっても危険なスズメバチの巣の駆除。そんな正義の味方的な仕事、そして、引っ越し業で学んだ経験をいかして、人の役に立ちたいと思う気持ち、をやってみたい、という気持ちから、平成18年スタートした暮らしの総合サポート業! それが、便利屋引っ越し便いいともです。