新居にかかる費用は家賃だけじゃない!一人暮らしを始めるまでに必要な費用とは

コラム

赤帽引っ越しコラム 一人暮らしを始めるまでに必要な費用とは

 

 

便利屋で独立開業を目指す人へ!府中市の便利屋いいともセミナー詳細

 

 

今年も残すところわずか。進学や転勤など、新年度の動きが少しずつ見え始める頃ですが、中には初めて一人暮らしをする方もいるのではないでしょうか。

 

何から始めるべきか迷う一人暮らしの準備ですが、まずは初期費用を把握しておくことが大切。後になって「予想以上に支出が膨らんでしまった!」となっては、大変ですよね。

 

今回は、一人暮らしを始めるまでに必要な費用についてご紹介します。

 

 

新居探し、物件探し&賃貸契約で発生する費用

 

 

一人暮らしを始めるにあたり、まず行うのが物件探しです。現地の不動産屋さんに行かなくても、インターネットである程度の情報は集められます。

 

しかし、実際の住み心地や周辺環境は、現地に行かないとわからないもの。人通りなどを自分の目で確かめたい人も多いのではないでしょうか。

 

その場合には、現地を見学するための交通費がかかります。引っ越し先が遠方の場合は、新幹線や飛行機のほか、日帰りが厳しい場合は宿泊費もかかるので、費用がかさばります。

 

また、契約時にも、大家さんや不動産会社に支払う敷金・礼金や仲介手数料などがかかります。敷金・礼金は、それぞれ家賃の1~3ヶ月分、仲介手数料は家賃の1ヶ月分が相場とされています。そのほか、火災保険の保険料や、玄関の鍵を変える「鍵交換費用」など、様々な費用が発生します。

 

物件を借りる際にかかるお金は、家賃だけではないということをお忘れなく!

 

引っ越しの家具・家電を揃えるのにかかる費用

 

 

自宅から家具・家電を持って行かない方は、引っ越し先で新たに購入する必要があります。

 

まず押さえておきたいのが、布団・ベッドなどの寝具。安いものでだいた1万円から購入できます。そのほか、カーテンやテーブル、イス、照明なども揃えておきたいところ。こだわらなければ、約3万円ですべて揃えられるでしょう。その他の家具は、暮らしていく中で、必要だと感じたら買い足していけば問題ないでしょう。

 

家具を購入する際には、部屋の広さとの兼ね合いに要注意! 一人暮らしの部屋は狭いので、場所を取らない家具を選ぶのがコツです。

 

そして、家電で持っておきたいのは、冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器、洗濯機、掃除機など。引っ越しシーズンになると、家電量販店などで「新生活応援フェア」が開催され、一式5万円くらいで揃えることができます。

 

もっと安く抑えたいなら、リサイクルショップやオークションサイトなどで揃えるという手もありますね。ただし、その場合は、自分で設置作業をしなければなりません。

 

 

引っ越し業者にかかる費用

 

 

転居先に荷物を運ぶのにも費用がかかります。自分でやるか業者に頼むか、あるいはどの業者に依頼するかで費用は変動します。引っ越し先への距離や、引っ越しにかかる手間暇などを考慮しつつ、できるだけ安く抑えたいですよね。

 

一番、費用が抑えられるのは、自分で運ぶ方法ではないでしょうか。費用はレンタカー代とガソリン代のみで済みます。

 

ただし、レンタカーを借りる際には、引っ越し先の提携店で返却が可能であるか、事前にチェックしておきましょう。

借りた店舗に戻って返さないといけない場合、引き返す必要があります。そうするとお金も時間もかかり、結果的に費用が高くなってしまいます。

 

また、搬出から搬入まで、自力でやるのは時間も労力もかかって意外と大変です。運び慣れていないので、大事なものを破損してしまうリスクも…。

「自分で荷物を運んだけど、こんなに大変ならもう二度とやりたくない!」と思う方も多いようです。また、運転免許を持っていなかったり、ペーパードライバーだったりして、運転できないという人もいますよね。

 

そんな方は、軽貨物の個人事業主で構成される組合「赤帽」に依頼するのも一手。赤帽の料金は比較的安めで、距離や時間に応じて変わります。

そのため、近場で引っ越す方におすすめの方法といえます。ただし、梱包を自分で行ったり、荷物の搬出入を手伝わないといけない業者もありますのでしっかり確認しておきましょう。

 

なお、大手引っ越し業者は、保障やサービスの良さが特長ですが、料金は高めに設定されています。ただし、一人暮らし向けの「単身パック」なら、比較的リーズナブルです。

 

 

赤帽引っ越しで20年間培った技術を活かして、迅速で丁寧なサービスを提供してます。

 

 

単身とはいえ、引っ越しには想像以上に費用がかかります。トータルで約40万~60万が相場だといわれています。なるべく安く済ませたい方は、節約するポイントを把握しておくとよいでしょう。

 

いいともでは引っ越し事業も行っています。赤帽で20年間培った技術を活かして、迅速で丁寧なサービスを提供しております。価格もお手頃設定なので、コストを抑えて引っ越したい方にぴったりです。オプションで家具や家電の取り付けも受けているので、組み立てや設置に不安のある方も安心です。

 

現在、いいともでは、12月限定で「単身引っ越し格安プラン」のキャンペーンも行っています。都内への引っ越しを考えている方は、ぜひいいともへお気軽にご相談ください!

 

 

ライター/小野陽子

いいともサービス

素人の方が簡単にはできない、とっても危険なスズメバチの巣の駆除。そんな正義の味方的な仕事、そして、引っ越し業で学んだ経験をいかして、人の役に立ちたいと思う気持ち、をやってみたい、という気持ちから、平成18年スタートした暮らしの総合サポート業! それが、便利屋引っ越し便いいともです。