引っ越し準備の前に知っておくと便利!荷造りをスムーズに行う手順とコツ

コラム

赤帽引っ越しコラム 荷造りをスムーズに行う手順とコツ

 

 

便利屋で独立開業を目指す人へ!府中市の便利屋いいともセミナー詳細

 

 

何かと面倒な引っ越し前の荷造り。しかし、引っ越し当日までに荷造りが済んでいないと、業者に追加料金を支払い、梱包作業を依頼することになってしまいます。

 

引っ越しの費用はなるべく安く抑えたいところ。追加料金を発生させないためにも、しっかり荷造りしておきましょう。

 

今回は、荷造りをスムーズに行う手順とコツについてご紹介します。

 

 

 

引っ越しの準備前に確認しておきたい作業道具

 

 

荷造りを始める前に、まずは必要な道具が充分に揃っているかチェックしましょう。

 

荷造りに必要となる主な道具は、テープや紐を切るための「カッター」「はさみ」、梱包作業や配線をまとめるのに使う「ガムテープ」「セロハンテープ」「ビニールテープ」、衣類などの布類や、液体の入った容器を入れる「ビニール袋」、などです。

 

梱包資材が一式揃っているかどうかも確認します。梱包資材はダンボールのほか、緩衝材として使う「新聞紙」「タオル」、割れ物を保護する「エアキャップ(プチプチ)」を用意しましょう。

 

引っ越し業者を利用する方は、服をハンガーにかかったまま運べる「ハンガーボックス」や、布団をしまう「布団袋」が借りられる場合も。

梱包や運搬が楽チンになるので、ぜひ利用しましょう。

 

また、家具を解体する際に使う「工具」や、ダンボールの中身を書くための「油性フェルトペン」、作業を安全に行うための「軍手」もあると便利です。

 

 

効率の良い梱包作業をするには、順番が大切!

 

 

スムーズに荷造りをするには、梱包の順番を工夫すると良いでしょう。

 

まずは、普段使わないものから梱包を始めるのがポイント。片付けているうちに不用品が見つかった場合、その処分に時間がかかってしまうからです。

 

逆に、歯ブラシや洗面用具など、引っ越し前日まで使うものは最後に梱包します。

タオルや雑巾、ゴミ袋など引っ越し後にすぐ使うものは、手持ちの荷物として運んでしまってもよいでしょう。

 

片づけを始める部屋の順番も、効率の良さのカギとなります。

 

引っ越すまでの間、リビングや廊下、玄関など、よく使う空間が荷物で溢れ返っていると、生活がしづらくなります。特に玄関の近くから荷造りを始めてしまうと、梱包したダンボールが積み重なり、外出が不便に。なるべく玄関から離れた場所から、荷造りを行いましょう。

 

荷物の多い方は、引っ越しの荷物を1部屋に集めておくのも良いかもしれません。

 

 

引っ越し後の作業をスムーズに。ダンボールに荷物を積めるポイント

 

 

ダンボールには様々なサイズがありますが、それぞれ詰めるのに適した荷物があります。

 

例えば、一番小さなSサイズは、本や食器、CDなど、中間のMサイズは、おもちゃや小物類、一番大きなLサイズは衣類といった具合です。

ダンボールを上手く使い分けて荷物を圧縮すれば、引っ越し費用が抑えられることも!

 

では、それぞれの荷物の詰め方をみていきましょう。

 

■1:食器類などの割れ物

 

運搬の途中で割れ物同士がぶつかると、破損の原因となり得ます。割れ物は1つ1つ新聞紙で包むようにして保護しましょう。この時、割れ物を入れるダンボールの底に、クッション代わりの新聞紙や緩衝材を敷きます。ダンボールのフタを閉じたら、最後に「割れ物注意」とダンボールに書くのを忘れずに。

 

■2:本・雑誌類

 

本は詰めていくとかなり重くなるので、小さめのダンボールを使用します。1箱が重くなりすぎないように注意し、サイズごとに箱へ詰めていきます。

 

■3:小物類

 

文房具や小さなインテリア、コスメ用品などは、そのままダンボールに詰めてしまっても大丈夫ですが、運搬中の揺れで箱の中身が暴れてしまいます。

いざ開梱したら中身が入り乱れ、何がどこにいったがわからない……、なんてことも。

 

ダンボールにただ詰めるのではなく、文房具は文房具、コスメ用品はコスメ用品と、種類別にビニール袋に分けて入れた状態でダンボールに詰めると、開梱後の作業が楽になりますよ。

 

■4:衣類

 

引っ越し業者がハンガーボックスを貸し出している場合は、利用するのがおすすめ。ハンガーボックスは中のパイプに服をかけられるので、シワがつきにくいのもメリット。

 

ハンガーボックスが利用できない場合は、衣類を平らに畳んでから大きなダンボールに箱詰めします。服はオフシーズンのものからしまいましょう。

 

梱包作業をするのが面倒な方は、オプションで梱包・開梱作業も!

 

引っ越し準備にかかる日数は、平均で約6日といわれています。まとまって6日作業するのは難しいですが、毎日少しずつ進めていけば、無理なく作業ができそうですね。

 

便利屋いいともでは引っ越し事業も行っています。いいともは事前に、梱包用のダンボールを無料でお送りしているので、ご自分でダンボールを用意する手間がかかりません。

 

梱包作業をするのが面倒な方は、オプションで梱包・開梱作業をつけられますよ!

 

現在、いいともは西東京・府中市近辺の大学(東農大・東京外語大・多摩大・国士舘大・多摩美大)へ進学予定の学生を対象に、お得な学割キャンペーンを実施しています。該当の大学へ進学予定の方は、ぜひこの機会に利用してくださいね!

 

 

 

ライター/小野陽子

いいともサービス

素人の方が簡単にはできない、とっても危険なスズメバチの巣の駆除。そんな正義の味方的な仕事、そして、引っ越し業で学んだ経験をいかして、人の役に立ちたいと思う気持ち、をやってみたい、という気持ちから、平成18年スタートした暮らしの総合サポート業! それが、便利屋引っ越し便いいともです。